1. TOP
  2. 剣劇、殺陣
  3. 京都
  4. 剣劇会

劇団「剣劇会」の団員募集情報

剣劇、殺陣京都京都の剣劇、殺陣劇団です。現在、団員を募集しています。募集しているのはショーの依頼の急増、製作映画のキャスト不足に伴い、劇団員候補者急募!老若男女、経験者未経験者問わず!プロの役者志望の方から趣味感覚の方まで幅広く募集中 。剣劇、殺陣に興味がある方は、ぜひご応募ください。
募集の状態募集中
劇団名剣劇会
劇団設立年2000年
劇団目標殺陣を中心に、日本のアートを更に世界へ!
活動場所京都:京都 西院駅周辺(稽古場)
活動時間毎週水曜日18:30〜21:30(稽古時間)
劇団構成メンバー男性20、女性10
劇団平均年齢老若男女、幅広く在籍
こんな人を
探してます
ショーの依頼の急増、製作映画のキャスト不足に伴い、劇団員候補者急募!老若男女、経験者未経験者問わず!プロの役者志望の方から趣味感覚の方まで幅広く募集中 !
募集年齢5〜70歳くらいまで。元気な方ならOK!
劇団
ホームページ
http://kengekikai.jp
連絡事項や
アピールポイント
チャンバラショーやイベント出演の依頼の増加や映画製作におけるキャスト不足に伴い、劇団員候補者を急募致します!
老若男女、経験者未経験者問わず!まずはお気軽にご連絡下さい!

------------------------------------

時代の流れと共に薄れゆく日本の文化『時代劇』。
その流れに抗うが如く活動を続ける異色のチャンバラ集団。

「本物の時代劇を後世に残したい」という理念の元、俳優『入江毅』を中心に結成。
主な活動はチャンバラショーや映画製作だが、依頼かあれば企画映像やプロモーションビデオ製作、はたまたストリートチャンバラまでやってのけるなど活動範囲は劇団の枠を越えている。

一番の特色である殺陣においては常にリアリティを追い求め、「本物の戦いならどうするか?」をテーマに一般的には危険とされるリアルな距離とリアルな速度での立ち回りを高度な技術により実現。
これによって生まれる圧倒的なスピード感と迫力は他のそれとは一線を画す。
さらには各劇団員の殺陣のスキルに対して段級位制を設けるなど、常にワンランク上のチャンバラを目指し続ける。

2012年にドイツで開催された『第13回ハンブルグ日本映画祭』に『MINOMAN』が入選、上映され、翌年の『第14回ハンブルグ日本映画祭』では『しのびのさと』と『剣豪モツ鍋』が、さらに翌年の『第15回ハンブルグ日本映画祭』では『命がけの体感ゲーム』が上映され、3年連続入選という快挙を成し遂げる。
さらにはドイツでの舞台公演を行うなど、世界を相手取った攻撃的な活動が今注目されている。

※表示回数は数時間おきに更新されます

募集開始日2017年07月21日
最終更新日2017年07月22日
表示回数(全期間)439 view
表示回数(直近1週間)56 view

あなたのご意見をお聞かせください!

ここがダメ!こうしてほしい!
どんな些細なことでも構いません。
当サイトへのご意見を是非お聞かせください。
送信中です。しばらくお待ちください
貴重なご意見ありがとうございました。
頂いたご意見を元に、価値あるサイトを目指して
改善いたします。

返信が必要なお問い合わせはこちらから